ピルを使用したい時の初診料など

ピルというのは、ここ10年ほどで急速に普及しつつある避妊方法です。経口避妊薬であって、ホルモン剤の入った錠剤を女性が飲むことによって、ホルモンバランスを整えて女性の排卵を抑制する働きがあります。つまり、体内に男性の精子が入ったとしても女性の卵子を出会って受精をすることがないので、妊娠を防ぐことができるのです。このピルというのは、欧米では一般的な避妊法ではあるのですが、日本では近年認可されて知られるようになったのです。
ピルのよいところしては、やはりきわめて高い避妊の成功率を誇ることです。正しい服用、これは毎日しっかりと飲み続けることですが、それによってほぼ100%の成功率になるといわれています。コンドームなどをしなくても妊娠の可能性がほとんどないので、女性は自分で自分の身を守ることができ、男性は感度などの問題で性交渉を気持ちよく済ませることができるということで、多くの人が使用するようになっているのです。
それではピルはどのように入手すればいいのかというと、産婦人科などの医療機関を受診することで購入できるのです。通常、医療機関で初診の際に問診や血圧など、必要事項に関して専門医が確認をしていくことになります。気になる初診料としては、3000~4000円程度、それに1シート1か月あたり3千円程度の費用がプラスされるようになるのです。たいてい、一度の受診で数か月分出してもらうことができるようになっているので、出してもらった月数で合計額が異なってくるのです。
また、費用を抑えたいという場合では、海外からの個人輸入に限ってピルを手に入れることができるようになるのです。その場合では、1シートあたり千円程度でまとめて購入すれば、よりお得なのです。

ページの先頭へ戻る