ピルでの体調変化はエストロゲンが影響しています

ピルを飲むといろんな効果が自分の体に現れてくるようになります。一番大きなメリットとして良く挙げられるのは避妊効果ですが、それ以外にも生理周期が安定していない人であれば服用を続けることでホルモンバランスが整ってくるので、一定になってきます。生理痛の緩和なども期待が出来ますし、ニキビの改善なども期待が出来ます。

その一方で、飲み始めの頃には体調の変化にかなり驚かされる事もあるでしょう。ホルモンを補給していくことになりますから、体が少しずつ慣れていくものの、それまでは頭痛や吐き気などが起こる事もよくあります。これにはエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが関係していて、ピルを飲むことで一時的な妊娠状態になりますので、一種のつわりのような症状も出てくるというわけです。体がむくみやすくなったりする人もいますし、食欲が増進して体重が増えたりする事もありますので、普段の食事にも気をつけておいた方がいいでしょう。

また、エストロゲンは美肌ホルモンとも言われていますので、服用を続けていくことで新陳代謝を活発にしてくれます。バストアップやエイジング効果なども期待できますから、その意味でもピルを服用してみたいと思うのではないでしょうか。最初こそ体調が少し悪くなるように感じる人も多いのですが、長く続けていけばいくほど自分でもこれまでの生理時の不快感がなくなっていたり、安定した周期で来るようになってストレスフリーになったと思える事も増えてきます。避妊以外にも婦人科系の治療などにも使われているので、その時に処方された人もいるかもしれません。正しい知識を持って服用すれば、安心して様々なメリットを実感できるでしょう。

ページの先頭へ戻る