生理痛の為に飲んでいたピルをやめるタイミング

ピルとは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、それによって排卵を制御して、子宮内膜を変化させて受精卵を着床させにくくする、子宮頸管の粘膜を変化させて精子を子宮に入り難くすることで避妊することのできる避妊薬です。
ほぼ100%ともいえる避妊率があり、最も確実で安全性の高い避妊方法になります。
また、避妊だけではなく、生理痛の軽減や月経不順の治療効果、子宮内膜症の治療にも使われるほか、子宮に関するがんの発症リスクを下げる効果があるとされています。
避妊ではなく生理痛の症状改善のために飲んでいるという女性も多くいます。
しかし、生理痛の軽減などを目的に飲んでいる人でも妊娠がしたいというにはピルの服用をやめるときがきます。いつやめるべきかと悩む人もいるでしょうが、21錠タイプのものであれ28錠タイプのものであれ基本的にいつやめても良いとされています。ただし、全て服用する前にやめてしまうと飲んでいた時のようにきちんとしたリズムで月経が来ないというケースが考えられるため、気になる場合には全て飲み切ってから止めた方が無難となります。
注意したいのが飲むのを止めることで、生理痛などの症状が元に戻ってしまうことが多いということです。体質によっては服用前ほどではないという人もいますが、再び起こることは覚悟する必要があります。
ピルをずっと服用するということは、その分薬の費用がかかることでもあります。妊娠を望んでいる場合にはいつかは服用を止めなくてはならず、気になるのであれば医師に相談することもおすすめです。
また、飲み始めるときには必ず医師に相談してから飲み始めることが大切となります。

■低用量ピルはトリキュラーがおすすめです
トリキュラー

ページの先頭へ戻る